PAGE TOP

Do’contour
2024.01.30 column

肉割れを目立たなくするアートメイク施術のダウンタイムを紹介!効果の持続期間や治療後の注意点も解説

肉割れ箇所へのアートメイクには、施術部位に色素を注入して目立たなくする効果が期待できます。肉割れがコンプレックスで長年悩んでいる方には、特におすすめです。

 

一方でアートメイクには赤みやかゆみ、ヒリつきなどのリスクもあります。メリット・デメリットを理解し納得した上で、施術を受けることが大切です。

 

今回は肉割れを目立たなくするアートメイクを紹介します。デメリットが気になる方には、丁寧なカウンセリングが好評なアートメイクサロン・Do’Contour(ドゥ コントア)へぜひご相談ください。

 

\肉割れはアートメイクでカバーする時代/
お問い合わせご予約はLINE
 

 

肉割れを目立ちにくくするアートメイク施術のダウンタイムを紹介

肉割れを目立ちにくくするアートメイク施術のデメリットを紹介
 

肉割れをカバーするアートメイクのダウンタイムは、大きく5つです。

 

  • 施術後から数日はひっかいたように赤く腫れた状態が続く
  • 皮膚の色と色素の色差が一時的に目立つ期間がある
  • 施術してから1週間ほどヨガ・サウナ・ジム・プールを控える必要がある
  • 赤みがあるなど肉割れの状態によっては施術ができない場合がある
  • 施術部位の脱毛は施術前に終わらせる必要がある

 

行動が制限されたり、施術前よりも一時的に目立つ期間があります。一定の不便が伴うと理解した上でアートメイクを検討しましょう。

 

 

施術後から数日はひっかいたように赤く腫れた状態が続く

肉割れのアートメイクを施すと、術後数日は赤く腫れた状態が続きます。ふくらはぎの場合、赤みは2週間程度見られます。症状は2週間かけて徐々に馴染みますが、ダウンタイムがない施術を求める方や肌を出す予定がある方にとってはデメリットです。

 

症状が長引いたり少しでも異常を感じたりしたら、すぐクリニックに問い合わせてみましょう。そのまま放置しておくと、炎症や感染症などにつながる可能性が十分あります。

 

 

皮膚の色と色素の色差が一時的に目立つ期間がある

肉割れ部位へのアートメイクを肌に馴染ませるには、色素選びが重要です。肌色に合わせた色素を注入した場合でも一時的に色素と肌との色差が目立つ期間があります。肉割れが以前よりも目立ってしまい不安に感じる期間ですが、時間の経過とともに色が落ち着き目立たなくなります。

 

肉割れアートメイクの実績豊富なクリニックを選んでみてください。肉割れアートメイクに手慣れた看護師が在籍するところを選べば、適切なカラーやダウンタイムから経過に至るまでわかりやすく説明し施術してくれる可能性は高いです。

 

 

施術してから1週間ほどヨガ・サウナ・ジム・プールを控える必要がある

肉割れアートメイクを施すなら術後1週間はヨガやサウナ、ジム、プールなどは控えましょう。ヨガ・サウナ・ジム利用で代謝を激しく促すことによって赤みや腫れが悪化する可能性があります。

 

また、プールや温泉など不特定多数の人が使う入浴施設を利用すると、施術後の肌にある傷口から雑菌が入り、炎症を引き起こすリスクも考えられます。運動習慣がある方や、近々サウナやプールに行く予定の方にはデメリットです。

 

さらに、サウナやジムなどの代謝を上げる行為により、色素が排出されやすくもなります。色持ちに大きく影響するため、一定期間は対象の行動を控えることが必要です。

 

 

赤く腫れているなど肉割れの状態によっては施術できない場合がある

赤い腫れや周辺の皮膚疾患が見られる場合は、肉割れのアートメイクを受けられない可能性があります。今すぐ肉割れをどうにかしたい方にとっては、デメリットです。

 

肉割れ部位または周辺の状態が悪いと、施術時に強い痛みを感じたり肌トラブルを引き起こしたりするリスクがあります。肌の状態が整ったことを確認した上で、施術を受けましょう。

 

自分の肉割れの状態が気になる方は、無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。直接看護師に相談すれば、施術の可否を判断してもらえます。

 

 

施術部位の脱毛は施術前に終わらせる必要がある。

肉割れアートメイクを施すと、施術部位の脱毛はおすすめできません。色素成分がレーザーに反応して、色抜けや変色の可能性があるためです。施術部位の毛が気になっている方は脱毛後にアートメイクをご検討ください。

 

脱毛自体は施術部位を避ければ、特に問題ありません。脱毛する時は施術箇所を事前に伝えましょう。

 

 

アートメイクの一般的なデメリット・注意点も知っておきましょう

アートメイクの一般的なデメリット・注意点も知っておきましょう
 

アートメイクを施す時は、以下のように肉割れ箇所への施術に限らず考慮すべき5つのデメリットがあります。

 

  • 施術中は痛みを感じることがある
  • 傷跡に赤みや腫れ、日焼けがあると施術できないことがある
  • 施術部位の日焼けや脱毛などは制限されることがある
  • アートメイクの持続期間は1~1年半程度

 

アートメイクは皮膚そのものに色素を注入するため、痛みを感じることがあります。痛みの感じ方には個人差がありますが、我慢できないレベルの強い刺激ではありません。

 

痛みの対策として多くのクリニックが施術前に麻酔を使用しています。一時的に感覚を鈍らせるため、刺激をほとんど感じずに施術を受けられるのが魅力です。

 

またアートメイク施術中は、施術範囲に炎症が起きていないか確認します。肌トラブルや傷跡の悪化などを予防するため、清潔な状態を保っておきましょう。

 

さらにアートメイクは施術後すぐに修正・変更ができません。後悔しないためにもカウンセリングで十分に話し合い施術を進めることが大切です。

 

 

肉割れ箇所をアートメイク施術するメリットとカバーできる傷跡を紹介

肉割れ箇所をアートメイク施術するメリットとカバーできる傷跡を紹介
 

アートメイクでカバーできる傷跡の種類は、大きく3つです。

 

  • 体重の増減や妊娠などでできたストレッチマーク(肉割れ/妊娠線)
  • 昔の傷跡
  • 手術や美容整形でできた傷跡

 

肉割れ・妊娠線は、真皮層のひび割れです。何らかの原因でコラーゲンやエラスチンなどの繊維が裂けて、長さ数センチほどの線が身体に現れます。一度できたひび割れが、自然に治ることはほとんどありません。

 

肉割れは、脂肪がつきやすくて乾燥しやすい部位に出ることが多いです。一度肉割れした箇所はもともと乾燥しやすいため、症状が再発する可能性があります。

 

アートメイクは外傷や手術・美容整形でできた傷跡のカバーにも効果的です。肌色と似た色素を注入すれば、自然な見た目に仕上げられて夏場の肌を露出する場面でも安心して過ごせます。

 

 

アートメイク施術の持続期間|肉割れを目立たなくできる期間はどれぐらい?

アートメイク施術の持続期間|肉割れを目立たなくできる期間はどれぐらい?
 

術後の通院間隔を確認すると、アートメイクの持続期間は1年~1年半程度の方が多いです。アートメイクは時間経過とともに薄くなるため、定期的に上から色素を重ねる必要があります。

 

1回目~2回目の間隔 1ヶ月
2回目~3回目の間隔 6ヶ月以上
3回目~4回目の間隔 1年~1年半毎
5回目以降 1年~1年半毎

 

持続期間は施術回数やターンオーバー、生活習慣、肌の状態などによって異なります。施術回数が少なすぎると持続期間は短くなるため、適切な回数を重ねることが大切です。

 

他方、間隔が空きすぎると色素が上手く定着しなかったり、持続期間が短くなったりするリスクが高まります。計画的にアートメイクを進めるなら、まず3回目まで予約を済ませておくのがおすすめです。

 

肉割れのアートメイクは、定期的なメンテナンス・リタッチが欠かせません。適切な間隔でメンテナンスを行って、肉割れが目立たない状態を保ちましょう。

 

 

肉割れをカバーするアートメイクのデメリットを補うために知っておきたいこと

肉割れをカバーするアートメイクのデメリットを補うために知っておきたいこと
 

肉割れをカバーするアートメイクの3つの注意点を把握しておくのがおすすめです。

 

  • 当日はボディソープの使用を避け4~5日ほどはシャワーのみの入浴にする
  • 1週間ほど日中は施術部位に薄くワセリンを塗布して日差しや乾燥から保護する
  • スクラブ・アカスリ等の摩擦を伴う行為は2回目の施術が終わるまで控える

 

施術後はボディソープの使用を避けたり、ワセリンを塗布したりする必要があります。注意点を正しく理解することが大切です。

 

 

当日はボディソープの使用を避け4~5日ほどはシャワーのみの入浴にする

肉割れをカバーするアートメイクの定着には、当日はボディソープや洗顔料の使用は避けましょう。施術直後の肌は傷が付いている状態で、炎症や肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

 

施術後4~5日程度は、シャワー浴だけにしてください。サウナやプール、温泉なども1週間程度は控えた方がよいでしょう。行動制限を守って、施術部位に刺激を与えないことが大切です。

 

 

1週間ほど日中は施術部位に薄くワセリンを塗布して日差しや乾燥から保護する

施術直後の肌は、外部からの刺激に敏感です。施術後1週間程度はワセリンを塗って日差しや乾燥から守ることが大切です。アフターケアを怠ると、色素が十分定着せず色持ちが悪くなる可能性があります。

 

ワセリンは1日に数回、担当者の指示に従って塗りましょう。ワセリンを塗る時は傷口に刺激を与えないように、綿棒を使用するのも1つの方法です。

 

 

スクラブ・アカスリ等の摩擦を伴う行為は2回目の施術が終わるまで控える

肉割れをカバーするアートメイクの施術後は、施術部位を刺激する行動は避けましょう。スクラブやアカスリ、シェービングなどの行為が挙げられます。

 

摩擦を伴う行為は傷口を刺激したり、ターンオーバーを促進させたりするなど複数のデメリットがあります。肉割れを綺麗にアートメイクでカバーするなら、2回目の施術が終わるまでは我慢することが大切です。

 

 

肉割れ部位のアートメイクのデメリットを抑えられるクリニック・サロンの選び方

肉割れ部位のアートメイクのデメリットを抑えられるクリニック・サロンの選び方
 

肉割れのアートメイクのデメリットを回避するなら、以下の3点に注意しながらクリニック・サロンを探すことが大切です。

 

  • 肉割れ箇所の施術実績が豊富で公式サイト・SNSにて公開している
  • カウンセリングが丁寧で仕上がりイメージのすり合わせまで行ってもらえる
  • 痛みやダウンタイムが少ない方法・機器を用いて施術を行っている

 

肉割れのアートメイクの仕上がりは、看護師の技術力に大きく影響されます。実績や症例写真が豊富な看護師は、デザインデッサンや機器の扱いにも慣れていて理想の形に仕上げてもらいやすいです。

 

カウンセリングは悩みや要望、仕上がりのイメージを伝える重要な場です。丁寧かつ親身になって相談に乗ってもらえるクリニックを選び、十分な信頼がおける状態で施術に臨みましょう

 

 

肉割れを目立たなくするアートメイクを受けたいならDo’Contour(ドゥ コントア)をご利用ください

肉割れを目立たなくするアートメイクを受けたいならDo’Contour(ドゥ コントア)
 

肉割れをアートメイクでカバーするなら、Do’Contour(ドゥ コントア)にお任せください。確かな実績と技術力を持つ看護師が、気になる肉割れを綺麗にカバーします。

 

リスクの低い独自技法を採用しているため、痛みやダウンタイムはほとんどありません。施術中に寝てしまう方もいるほどの低刺激で、無理なく継続できます。

 

ただ肉割れの状態によっては、すぐに施術が施せない場合があります。まずは無料カウンセリングに申し込み、施術の可否や具体的な内容・料金を相談しに来てください。

 

\肉割れをカバーするアートメイクはDo’Contour(ドゥ コントア)/
 

 

Do’Contour(ドゥ コントア)で肉割れをカバーできるスキンアートメイク料金を紹介

Do’Contour(ドゥ コントア)で肉割れをカバーできるスキンアートメイク料金を紹介
 

肉割れをカバーするアートメイクの料金は、1回93,500円です。メンテナンス(4回目以降)は通常よりも安く受けられるため、リタッチを気軽に頼めます。

 

施術部位 顔/胸/腕/腹/背中(上or下)/太もも/ふくらはぎ/その他
料金(1回毎) 93,500円
カウンセリング 無料
初診料 1,100円
指名料(1回毎) 3,300円
メンテナンス(4回目以降) 60,500円
追加修正 11,000円
詳細 スキンアートメイクメニューを詳しく見る

 

※すべて税込価格

 

症例写真を確認して、担当した看護師が気になれば指名するのがおすすめです。

 

指名料は1回毎3,300円(税込)かかりますが、高品質な施術を安定して提供しており、イメージの共有もしやすいなど実績の豊富な担当者を選ぶメリットは値段以上にあるといえます。

 

施術部位は顔や胸、太もも、ふくらはぎなど広範囲にわたります。顔に肉割れがでてしまった方からふくらはぎの妊娠線が気になる方まで、幅広い悩み・要望に対応できるのが強みです。

 

\肉割れをカバーするアートメイクはDo’Contour(ドゥ コントア)/
 

 

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクに対応している院情報

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクに対応している院情報
 

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクを提供しているのは、心斎橋院と神戸院です。

 

  • 心斎橋院
  • 神戸院
  • 芦屋院

 

営業時間は心斎橋院・芦屋院が19:00、神戸院が18:00までです。夜遅くまで診療に対応しているため、仕事や学校帰りにも気軽に立ち寄れます。どちらも最寄り駅からすぐの場所にあるため、通院しやすいのも強みです。

 

 

心斎橋院

心斎橋院
 

カウンセリング 無料
施術内容 スキンアートメイク
メンズ 利用可能
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日/日曜日
支払い方法 現金/クレジットカード
アクセス 地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」2番出口
クリスタ長堀北11番階段出口目の前
住所 大阪府大阪市中央区南船場4-5-8
ラスターオン心斎橋9階(Wクリニック内)

 

大阪のアートメイクの個人サロン選びの詳細を見る

 

 

神戸院

神戸院
 

カウンセリング 無料
メニュー スキンアートメイク
メンズ 利用可能
営業時間 9:30~18:00
定休日 月曜日/火曜日/木曜日/金曜日/日曜日
支払い方法 現金/クレジットカード/PayPay/ID
アクセス 三宮から電車で3分
JR「六甲道」/阪急「六甲」各徒歩5分
住所 兵庫県神戸市灘区六甲町1-6-25
(ボーテスキンクリニック内)

 

神戸のアートメイクの個人サロン選びの詳細を見る

 

Do’Contour(ドゥ コントア)でスキンアートメイク施術を受ける際の流れ

Do’Contour(ドゥ コントア)でスキンアートメイク施術を受ける際の流れ
 

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクの施術は、大きく5つのステップに分かれます。

 

  1. 問診・カウンセリング|15~30分
  2. 麻酔|15~20分
  3. 施術|60~120分(施術範囲による)
  4. アフターケア|10~15分

 

担当看護師から施術内容や注意事項の説明をうけ、肌の状態、アレルギーの有無などを確認します。その後、悩みや要望を踏まえて提案してもらえます。

 

痛み軽減のために、施術部位への表面麻酔を行うのもDo’Contour(ドゥ コントア)の魅力です。麻酔が十分皮膚に浸透したら、経験豊富な看護師が丁寧に色素を注入します。

 

肌に触れる備品は全て使い捨て、施術後は徹底的に消毒を行うなど衛生管理を徹底しています。施術終了後、仕上がりを確認しアフターケアや術後の注意事項を聞いたら終了です。

 

 

肉割れを目立たなくするアートメイク施術に関してよくある質問

肉割れを目立たなくするアートメイク施術に関してよくある質問
 

肉割れを目立たなくするアートメイクに関して、よくある質問に回答します。

 

  • 肉割れをカバーするアートメイクはメンズも受けられる?
  • 肉割れをカバーするアートメイクにはリスク(危険性)がある?
  • 肉割れをカバーするアートメイクのモニターは募集している?
  • スキンアートメイクは傷跡を目立たなくすることもできる?

 

肉割れをカバーするアートメイクは、コンプレックスを抱える全ての方におすすめの施術です。肉割れは自然に治らないため、自己流のケアを行うよりもアートメイクで隠す方が確実な効果を期待できます。

 

 

Q.肉割れをカバーするアートメイクはメンズも受けられる?

肉割れをカバーするアートメイクは、メンズも受けられます。男性に肉割れができる原因は、厳しいトレーニングや急激な成長・体重変化などが多いです。

 

ダイエットや筋トレで急に肉割れができた方や、ひび割れが気になって肌を見せるのに抵抗がある方には特におすすめです。メンズへの対応は、クリニックによって異なる場合があります。あらかじめクリニックに問い合わせておきましょう。

 

 

Q.肉割れをカバーするアートメイクにはリスク(危険性)がある?

肉割れをカバーするアートメイクを施した後の肌は、非常にデリケートな状態です。傷口から菌が入り込むと感染症や化膿、炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

 

肉割れを目立たなくするアートメイクのリスクを下げるには、施術後のアフターケアを丁寧に行うことが大切です。常に清潔な状態を保っておけば、肌トラブルのリスク回避につながります。

 

 

Q.肉割れをカバーするアートメイクのモニターは募集している?

Do’Contour(ドゥ コントア)では、肉割れをカバーするアートメイクのモニターは募集していません。アートメイクは、通常価格の1回93,500円(税込)で提供しています。

 

費用面を重視しすぎて、格安をアピールするクリニック・サロンを選択するのはあまりおすすめしません。衛生管理が不十分だったり、経験の乏しい施術者が担当したりすることで、仕上がりに不満を持つ可能性もあります。

 

 

Q.スキンアートメイクは傷跡を目立たなくすることもできる?

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクでは、傷跡を目立たなくする施術も行えます。長年コンプレックスだった傷跡も、アートメイクを施せば肌色と馴染む自然な状態に生まれ変わるでしょう。

 

傷跡を目立ちにくくする方法(レーザー治療や切除など)は他にもありますが、ダウンタイムが長かったり傷跡が残ったりするリスクがあります。リスクをなるべく低くするなら、スキンアートメイクがおすすめです。

 

 

アートメイクで気になる肉割れをカバーしたい方はDo’Contour(ドゥ コントア)へご相談ください

【公式HP】https://do-contour.com/

 

肉割れをカバーするアートメイクには、施術前より目立ったり腫れたりするダウンタイムがあります。リスクを回避し、傷跡を綺麗にカバーしてくれるクリニックを見つけることが大切です。

 

Do’Contour(ドゥ コントア)のスキンアートメイクは、一人ひとりの状態に合ったデザインをオーダーメイドで提供します。カウンセリングで丁寧にコミュニケーションを取りながら進めるため、希望通りの形に仕上がります。

 

Do’Contour(ドゥ コントア)では、無料カウンセリングを実施中です。肉割れ・妊娠線や傷跡を目立たなくしたいなら、まずは無料相談から気軽にお申込みください。

 

\肉割れアートメイクのデメリットはDo’Contour(ドゥ コントア)で回避/
お問い合わせご予約はLINE

監修者情報

服部 絢佳
服部 絢佳Do’contour(ドゥ コントア)代表
芦屋で開業し上品で華やか、透明感のある美しさをコンセプトにしたエステやフェイスバランスを整えるメイクメニューが人気となり講師としても活動。更に看護師として美容医療に携わる。アートメイクでは15年の経験をもち世界特許技術保持。年間1,200症例を担当。
pmu世界大会では審査委員長を務める。