PAGE TOP

Do’contour
2023.10.21 Eyebrow

陥りがちな眉頭どこからスタート?の問題

    眉間は間隔が広いと優しい柔らかい印象に仕上がります。

    そして素顔にも馴染みやすくナチュラルな印象です。

    そして、広すぎるとお顔が大きく見えたり、頼りなく見えてきます。

     

     

    間隔が狭くなると

    キツく見える、神経質に見える。ナチュラルさがない、メイク感が出るというような印象です。

    悪いことばかりに聞こえますが、説得力や強さ、シャープさを出したい場合

    や鼻を高く見せたり骨格が際立って見えるには、こちらの方が効果的です!

    普段からキツく見られてしまう…という方は眉頭の間隔が狭すぎるかもしれません。

     

    逆に頼りなく見られがちな方は少し眉頭の間隔を詰めるだけでもしっかりとした印象に見えます。

     

    黄金比で小鼻から垂直に伸ばした辺り…のように

    それだけを参考にするのではなく

     

    このように、印象から考えていくことも大切です!

    では、↓こちらはお客様の印象に合わせた眉頭の間隔

     

    ↓1枚目

     

     

    違和感がなく自然に見えます。

    瞳もクリっと大きく見えませんか?

    柔らかい印象で女性らしさを感じますね

     

     

    さて
    では↓こちらの眉頭の間隔はいかがでしょうか?

    ↓2枚目

     

    眉間の間隔が狭くなると、眉自体の存在感も増し、強くキリっとした印象で

    お顔の横幅も強調されています

    瞳が印象的な1枚目に比べると、瞳よりも骨格が強調されていますね

     

    その為、鼻筋が通って見え凹凸を感じます。

     

     

    このようにどのような印象にもっていきたいかによって、いろんな角度から

    総合して分析し、足し算・引き算しながらデザインしていきます。

     

     

    当スタジオのアーティストは、お話をしながら

    好みやライフスタイル、環境、筋肉の動き・癖までも情報収集し、同時に分析

    そして・・・、

    5分・10分という短時間でメイクアップアーティストのように

    自然にシミュレーションをします

     

     

    本日のお客様の印象は、どちらが自然に見えるでしょうか?

    どちらがお似合いになるでしょうか?

    ご自身でもメイクの時には、少し印象を意識してメイクしてみてください
    まずはご自身の画像をプリントアウトして、そこに描いてみるのもいいですね

    皆さんの似合うは一つではありませんので

    いろんな新たな一面に出会っていただけたら嬉しいと思います☆

    メディカルアートメイク Do’Contour(ドゥ コントア) 眉毛メニュー

     

    ART MAKE STUDIO Do’contour

    ■ご予約•お問合せの受付時間
    火〜土 10:00~18:00
    ☏ 050-5491-5794

     

    MENU

    ACCESS

    公式LINEはこちら(ご予約・お問合せ)

     

    ■営業時間

    Shinsaibashi.(心斎橋)   火~土 10:00~19:00

    Umeda.    (梅田)    火~土 10:00~19:00

    Kobe.     (神戸)    水・土 9:30~18:30

    Tokyo.   (東京・恵比寿) 日程はお問合せください。

     

    ■定休日 日•月曜日
    ☞︎定休日は変更になる場合がございます。
    ☞︎定休日はお電話•公式の対応は行っておりません。

    大阪(心斎橋・梅田)のアートメイク Do’contour(ドゥ コントア)

    _________________________

    ⚠️ 提携クリニックへ直接のお問合せはお控えください。
    ⚠️ 提携クリニックのアプリや特典のご利用はできません。

    _________________________

    監修者情報

    服部 絢佳
    服部 絢佳Do’contour(ドゥ コントア)代表
    芦屋で開業し上品で華やか、透明感のある美しさをコンセプトにしたエステやフェイスバランスを整えるメイクメニューが人気となり講師としても活動。更に看護師として美容医療に携わる。アートメイクでは15年の経験をもち世界特許技術保持。年間1,200症例を担当。
    pmu世界大会では審査委員長を務める。