過去のアートメイク修正

 

過去に受けられたアートメイクが左右非対称に残っており

毎日のメイクが大変とのことでしたので、眉の左右差改善の施術をさせていただきました。

Before

左右の眉頭の高さと眉山の位置が違うため微調整をし

質感は3D(毛並み)技法から、パウダーに変更させていただきました。

After

アートメイクに技法の種類があることを知らずに、行かれたサロンで3D(毛並み)技法を受けられたそうですが

お客様の雰囲気からするとパウダーのふんわりとした質感のほうがお好みだったようでお喜びいただきました^^

技法によるメリット・デメリット・ご自身のお好みなど総合して決められるといいですね。

Do’contour(ドゥ’コントア)のパウダー技法はオリジナル技法。

時間が経過しても美しくデザイン変更も容易にでき、更に低刺激でお肌の弱い方やアトピーの方にも

安全に施術を受けていただくことが可能です^^

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »